好きな映画、苦手な映画

運動神経と体格が取り柄だと思っていたのに、専門家に「ガリガリじゃない、この程度の筋肉で」なんて一蹴されて、ショックを受けた今日この頃。ボクが尊敬する男、ロッキー・バルボアにならって、薪を使って鍛え直しています。仕事も波乗りも、体が資本だね!

2010年の映画「インセプション」、観ました?
ディカプリオの主演作品。他人の夢の中に侵入して、記憶の奥底、深層心理を操作する話。

すごくよくできた話で、とにかく面白いよってオススメされて、期待して観たんですが、どうも響きませんでした。

映画の中の設定というか、世界観にピンと来ないんです。SFが苦手なのかな~って話していたら、「きっと現実離れしていない、一筋縄じゃいかない人間ドラマが好きなんだよ」って言われてね。登場人物の思考や感情が入り交じる話、何かを成し遂げる話、成長していく話に惹かれます。

例えば、ボクがアル・パチーノを好きなのは、彼の役者人生そのものに惹かれるから。歴史を題材にした作品が好きなのも、やっぱり人間に興味があって、その時代に生きた人物がどんな事を考えて行動したのかなって考えるのが好きなんです。

思えば、ホラーやスプラッタな映画も滅多に観ません。ワー!っときてギャー!って、そういう単純な作品。怖いし。笑

ゲームは普段やらないけれど、「龍が如く」は好きなのに、似たような作りの「バイオハザード」はやりません。怖いから!

下品なのは別にして、おバカ作品は嫌いじゃないです。自宅のテレビで放送してたVシネマ「むこうぶち」。「御無礼、ツモりました」ってね。麻雀の作品は面白いの多いなあ。

映画を面白がるポイントも、人それぞれ個性が出るから面白いです。一緒に映画の話をしましょう!