若い子たち、もっとバーにおいでよ!

BAR NASHを出店するに当たって、以前から温めていたアイディアがあります。それは・・・、

25歳までのお客様へ、いつでもファースト・ドリンクをサービスしたい!

仲間からは「思い切ったアイディアだ」と言われましたが、少しでも若い子たちにとって、バーに足を運ぶきっかけになればと考えて、25歳までの方はいつでも一杯目は無料にすることに決めました。

最近の20代の子達は、以前と比べてお酒を飲まなくなったと聞きます。飲み会が苦手な方が多かったり、ハードリカーに苦手意識を持たれていたり。車に興味が向かないのと同じ理由で、趣味や娯楽の範囲が広がったことが関係しているのかもしれませんね。

それでも、「バーってなんだか大人っぽいな」ってバーに興味を持たれている方も大勢いるとは思います。ただ、ドアを開ける勇気がなかったり、一緒に行ってくれる仲間がいなかったりで、チャンスがなくて・・・。

BAR NASHは、若い飲み手を大切にしたいと考えています。お友達同士でも、お一人でも、いつでも気軽に遊びに来て欲しい。お財布が寂しくても、2杯だけでいいので何度も足を運んで欲しいです。

バーテンダーが生グレープフルーツ・サワーを作ったら・・・

もし、同じお酒を飲むのなら、バーの値段は高すぎる!家で飲んだり、居酒屋でも近頃はカクテルのメニューがあるし・・・とお考えの方に、とっておきの話をひとつ。居酒屋の定番メニュー「生グレープフルーツ・サワー」をバーテンダーが作ったら。

居酒屋では、なみなみと氷が入った大ぶりのサワーグラスやジョッキに、グレープフルーツ半個と搾り器を添えて提供するお店が多いですね。

もしボクがお出しするなら、まず氷はそんなに入れません。バーで扱う氷は純度の高い、専門の氷屋さんで購入した氷をさらに締めたもの。溶けにくいので多くは必要ありません。もちろん、飲んでいる途中に氷がとけて、水っぽくなってしまうこともありません。

さらに、グレープフルーツはまるまる2個使用します。バーテンダーは、果肉を搾ることにおいてはプロフェッショナル。甘皮のえぐみを出すことなく、果肉から美味しいジュースだけを抽出します。

居酒屋よりも値段が高い理由は、このように作り方から味わいまで全くの別物だからというわけです。

バーで過ごす時間は非日常

ボクは、バーでの経験、お酒の経験と人生の豊かさは比例すると思っています。バーはお酒を楽しむだけの空間ではありません。バーテンダーや他のお客様との会話を楽しむのもよし、静かで落ち着ける時間を過ごすのもよし、楽しみ方は人ぞれぞれ。バーテンダーは、お客様に心ゆくまで満足していただけるように、扱うグラス、お店の誂えから雰囲気、氷のひとつにいたるまで、非日常的な空間を演出します。たとえ同じお酒でも、ご自宅とバーとで味が違って感じられるのは、気のせいではありません。

体質的にお酒が飲めない方こそ、バーにぜひ来ていただきたい。お酒以外にもメニューは沢山あります。ノンアルコールカクテルやフレッシュジュースでお楽しみください。

25歳までのお客様は、席に座ったら「○○歳です」とお伝えください!

P.S.
若く見られる大人の方々、年齢詐称はご勘弁を(笑)。