カリオカの愛飲酒、カシャーサ サンタ・ホーザ Ⅰ&Ⅳ

のっけからお知らせです(再掲)。

2015年2月10日(火)~15日(日)はお店を休んで南の島へ行ってきます。
お客さまにはご不便をお掛けします。
数年ぶりのまとまった休暇ということでご容赦クダサイ。
» 2015年1月~2月の営業予定

……

店主のボクがワイン&バーボン好きというくらいで、相変わらずお酒のチョイスは自由気ままなBAR NASHですが、こんなお酒も置いてます。

カシャーサ、サンタ・ホーザ Ⅰ
同じくカシャーサ、SRサンタ・ホーザ Ⅳ

名前だけじゃなんだかよくわからないって方のほうが多そうですね。解説します。

santarosa

昨年のブラジルW杯の時にもブログで取り上げた記憶があります。
カシャーサ(ピンガという呼び方もある)はブラジルの蒸留酒で、ラムによく似たお酒ですが、同じ南米でもスペイン系移民の間で好まれるラムとは異なるものだ…という意思がブラジル人にはあるようです。

で、サンタ・ホーザ。
この読み方が正しいのか、実はよくわからないんだけど、ポルトガル語で”R”の発音はハ行に当たるから、サンタ・ローザじゃなくてサンタ・ホーザ。

ブラジルでのカシャーサは、日本で言う焼酎みたいな大衆酒の位置付け。
サンタ・ホーザは中でも高級志向な、こだわりを持って造られているブランドです。

近頃はⅠからナンバリングされたボトルが発売されていてね、あんまり情報がないんだけれど、樽熟成に特徴を持たせているみたい。

まあ日本じゃマニアックなお酒ですが…。
サンバのリズムで血が騒ぐ方には、是非!