初めてのバーに来たら、まずはジントニックでも

駆け出しのバーテンダーは色んなバーに足を運んで勉強します。見ている所は、所作や接客術だったり、技術だったり色々と。

その時、どんなお酒をオーダーするかという話。

何か意図がある場合は別にして、一杯目にちょっと変わったカクテルや、その店のオリジナル・カクテルをオーダーすることは、まあありません。それこそ、ジントニックあたりの、スタンダードなものがいいと思います。

理由は2つ。

  1. ジントニックを飲めば、そのバーのスタイル、お店の方向性がわかる。
  2. だからこそ、訪問したお店に敬意を払って一杯目にオーダーする。

ジントニック

初見のお客さまに「なんとなく、とりあえずビールでいいや」じゃなくてジントニックを頼んでいただけたら、嬉しくなるバーテンダーは多いと思うよ。

どうして「ジントニック」が良いのかという話をする前に、そもそもカクテルの味について思うところを書いてみます。

究極のカクテルの味なんて、ありません

どこそこのバーのカクテルは美味しい、誰それが作るカクテルは見事…なんて、よくネットでクチコミを見かけるけど、これはお客さまにとって参考になるかどうかはわかりません。

もちろん、その店のカクテルの技術は高いんだろうなって判断する材料になると思います。

一方で、参考にならない事もあるという理由。例えばいくつか有名店と言われるバーに行って、同じカクテルを飲めばわかります。それこそボクらバーテンダーの間で、この店を知らないようじゃ、この業界じゃモグリだよって言うようなお店。

同じ名前のカクテルなのに、訪れた店の数だけバラエティがあるんです。それでいて、どれも美味しいから困っちゃうんだけどね。最後は結局、お客様の好み。○○さんのはここが好きだけど、こんな具合に作る□□さんのも美味しいなあ…なんて。

ジントニックの味は、バーの顔

話をまとめると、腕の良い経験豊富なバーテンダーが作る一杯は、どれも美味しいものなんです。でも味とスタイルは一様じゃない、必ずどこか違っています。「ジントニック」の味はコレ、という確固たるものはないんです。理想型はバーテンダーによって様々。じっくりとことん工夫を凝らす一杯もあれば、基本に忠実にサラっと作るのもアリ。

「ジントニック」が一杯目にぴったりな理由は、それは数あるカクテルの中でも王道中の王道で、作り方もシンプルで、それでいてバリエーションも豊富だからなんです。

  • 用途に沿ったグラスを丁寧に磨き上げて
  • 専門店で卸してもらった純度の高い氷で
  • 確かなレシピで
  • 果肉を搾り技術
  • トニック・ウォーターの注ぎ方
  • ステアの技術

バーテンダーなら、ここまではやって当たり前。さらに自分なりのスタイルを追求します。

  • ジンの選択
  • トニックウォーターの選択
  • ライムの処理
  • レモンを使うバーテンダーも
  • ビターズ入れる?

とまあ千差万別。ここに個性が出ます。プロだから(…というより練習に練習を重ねたから)美味しく作れて当然の世界。美味しい上に、自分なりの意図を反映させます。

酸味と甘み、どちらを強調するのか。味の強弱、炭酸の強弱も。そもそも、どこかで作り手の主張を盛り込むのかどうか。もっと言うと、季節で味を変えることも。まあまあ、頭をからっぽにして気軽に飲んでみてください。

最後に、ジントニックの飲み方。
飲むタイミングは、いつだっていいです。最初の一杯目にゴクっと喉の渇きを潤してもいい。ロング・カクテルだから、ゆっくり時間をかけて味わってもいいよ。お酒が強くない子でも大丈夫だね。食前でも食後でも、何かつまみながらでも。老若男女問わず親しめるカクテルです。

世界中で最も知られているカクテルなんじゃないかな。そういう意味でもスタンダード。レシピは簡単だから家で作っても一緒…じゃあないんですよ~。バーテンダーが作るジントニック、体験してみてください。

ま、初めてのお店だからなんて深く考えすぎないで、お好きなお酒を頼んでいただくのが一番自然です。ただ、何を頼もうかって悩んじゃうのなら、ジントニックがいいよという話でした。