モヒート(Mojito)、 夏の定番ミント・カクテル

モヒートには汗ばむ季節が良く似合うね。
クイっと飲み干して気分爽快。もう一杯いっちゃう?

呑んだくれノーベル賞作家、ヘミングウェイ。こんな言葉が残ってます。

我がモヒートは「ボデギータ」で、我がダイキリは「フロリディータ」で。
My mojito in La Bodeguita, my daiquiri in El Floridita.

「ボデギータ」と「フロリディータ」はハバナのバー。キューバはヘミングウェイの第二の祖国です。どちらも今は観光地になってるみたいだね。

ヘミングウェイはハードボイルドな文豪ですが、モヒート自体は男女問わず、どなたにもおすすめできるカクテルです。そう、このブログを読んだ方はね…

我がモヒートはBAR NASHで、
モヒートじゃなくてもBAR NASHで。

で、お願いします。笑

モヒート

モヒート、一体どんなカクテルなの?ってことですが、産まれはやっぱりキューバのハバナ。レシピは、

  • フレッシュ・ミント
  • シュガー
  • ライム
  • ラム

氷は細かく削ったクラッシュアイスでね。

ラムは「ハバナ・クラブ」か「バカルディ」がよく使われます。

甘味と酸味のバランス、ミントの扱い方、なかなか作り手のセンスや個性が現れるところ。クラッシュアイスは細かくて溶けやすいから、家庭の氷で真似するのはちょっと大変です。

といっても、細かな決まり事なんてありません。
2杯目は、アンゴスチュラ・ビターズ入れてみる?
ボクはこっちも好みです。
樽熟成をしたダーク・ラムで遊ぶのもいいね。

ある夜、お客さまが気持ち良さげにモヒートを飲み干して、一言。

グラスを替えずにオカワリ頼んでもいいの?って。

氷もミントの香りもまだまだ残っているし、このままグラスを替えないで気軽におかわりしたいけど、マナーが悪いと思われないか、という意味で聞かれました。

喜んで。ボクは気するような問題じゃありません。ただ、どこのお店でも歓迎されるかどうかは、一概に言えません。

ボクももちろん、大抵のお店は、ただ「おかわり」のオーダーなら新しいグラスで作ります。カクテルとしての完成度を考えれば、その都度お作りするのがベストです。

そうは言っても、BAR NASHは「自由・気まま」にお客さまに楽しんでいただくのが理想。思い思いに遊んでもらえたらOKです。ましてや、モヒートは南の島のドリンクなんだから。こうしちゃダメなんて堅いこと抜き。大らかに気楽にいこうよ。

ミントは自家栽培してます。店のベランダは狭いから、ご近所のひさ子さんにも手伝ってもらってます。この季節は毎晩使いきれないほど生えてきちゃって、ものすごい生命力。

ミントを家庭で育てるなら絶対に鉢植え。直植えすると、たちまちミント畑になっちゃうよ。