ピンク・ジンってカクテル、知ってるかな?

ピンク・ジンというドリンクがあります。

どんなカクテルだと思う?

……

ピンクって言うからには、ジュースみたいに優しい女の子向けなカクテル。

強いお酒なのに飲みやすくて酔わせやすい、レディーキラー・カクテル。

……

どっちもハズレです。

ピンク・ジンは、ジンにビターズを振りかけたドリンク。淡いピンク色。お酒がお好きですね~、という飲み方です。

ピンク・ジン、基本はジンとビターだけ。ショートドリンクに分類されます。レシピは、ステアだったりシェークだったり。アンゴスチュラ・ビターズでもアロマティック・ビターズでも。

写真みたいに、氷を入れてロックスタイルもOKです。ジン&ビターズというカクテルの名前もあって、このあたりはややこしいんです。

オーダーは「ピンク・ジンをロックで」でも、「ジンのロックに○○ビターズ振って」でもお好きに。ジェームズ・ボンドみたいに、決め台詞作ってください。笑

若い子には伝わらないだろうから、一応ね。

007シリーズの映画で、主人公のジェームズ・ボンドが「ウォッカ・マティーニ、ステアじゃなくシェークで」という有名な台詞があるんです。マティーニは普通、ウォッカじゃなくてジンで作るし、シェーカーは使いません。さすがジェームズ・ボンド、こだわり多き男だぜって、おじさん達がこぞって真似した飲み方。今でもボンド・マティーニで通じます。

007シリーズはもう50年ぐらい続いててね、初代はショーン・コネリーだったんだよ。今は6代目、ダニエル・クレイグ。好きな役者です。シブいよなあ。

ダニエル・クレイグとハリソン・フォードが共演した「カウボーイ & エイリアン」は???な映画だったけれど…。

今日みたいに、カラっと晴れた秋の夜に、強めのお酒をゆっくり楽しむ…。最高だね。