気取らずマティーニ、気軽にロック・スタイル

今日のお題は、マティーニ・オン・ザ・ロック。

レシピは

  • ドライ・ジン
  • ベルモット

をビルド。オリーブをあしらって、オン・ザ・ロックで。

マティーニは本来、ジンとベルモットをステアして作るショート・ドリンクです。ショートというのは、冷たいうちにササっと短時間で飲み干してね、という意味。「ショート・ドリンクは3口で飲み干せ」なんて格言もあるほど。ぬるくなるまで放おっておいたら、せっかくのカクテルが台無しになっちゃう、とても繊細な飲み物なんです。

「作法は作法、どう楽しんだって勝手でしょ」というのも一理あります。良いも悪いも飲み手次第だね。その上で、お酒に敬意を持って、レシピの意味を知って楽しむ姿は、やっぱりスマートだし素敵なことだと思います。

martini_rock

今日のマティーニはロック・スタイル。

これはこれで、よく知られている飲み方です。そうだなあ、遊び慣れた方なら「マティーニを飲みたいけれど、ちょっとゆったり楽しみたい」なんて時に。そうでなければ、「マティーニを美味しく飲めるようになりたいな」って方にもオススメ。

マティーニって、誰にもでも優しいカクテルじゃないかもしれません。ちょっとだけ慣れが必要です。

……

マティーニはカクテルの王様っていうくらいだから、とっても有名だし、お好きな方も多いしで。「マティーニを飲んでみたいんです」ってお客さま、当店でも多いです。

ボク自身、マティーニを初めて飲んだ時のこと、よく覚えてます。とにかくビックリしたよ。「うわ、なんだろうこのお酒!」って。美味しい、美味しくないって以前の話。戸惑うんです。とにかく個性が強い味だし、強いしね。

でもね、次にバーに遊びに寄ると、なぜだか気になるんだ。マティーニ、もう一回飲んでみようかなあって。

小さかった頃、大人たちがビールを美味しそうに飲んでいる姿に憧れるのと近いかもしれない。自分がお酒を楽しめる年齢になってみると、バーでマティーニを粋に飲み干す人たちがとても格好良く映るんです。遊び方がカッコいいというか、スマートというか。

それで二度三度とマティーニを飲んでみると、次第に美味しく感じられるようになってくるから不思議です。

いっちょ、いってみる!?