「ピーチウーロン」改め「レゲエパンチ」は赤ちゃんパンチ?

「ユタカさん、ピーチウーロンのことをレゲエパンチって言うの?」

「そうだね。仙台のクラブで流行ったんだよ。」

「へー。なんでレゲエ?」

「わかんない。」

……

なんて、ある夜のBAR NASH。

レゲエパンチ(ピーチウーロン)。
ピーチリキュールをウーロン茶で割るだけ。
家でも作れます。

reggaepunch

写真は映えないよ。だってウーロン茶だもの。

コンビニに行くとピーチ風味のアイスティーが売っていたりするけど、そんな感じの味。とにかく飲みやすい、軽いお酒です。強いお酒が苦手、炭酸も苦手って方にはピッタリだね。

レゲエ関係ないし、赤ちゃんパンチ程度のアルコールだけど、そのあたりは気にしちゃダメです。さらっと流してください。笑

仙台のバーで生まれて、クラブ(踊る方の)で人気が出たんだよ。簡単に作れるし、誰が飲んでも美味しいし、アルコールが低いから喉が乾いた時にいいし、ビールみたいにお腹ふくれないからね。

ウーロン茶割りなら、こんなのもオススメ。
» お抹茶カクテル「照葉樹林」、この味はいつか昔に…

こんなドリンクは、自分の好みで遊んだらいいよ。ウォッカ入れて重いパンチにしてもいいし。ウィキペディアに色々のってました。

ピーチリキュールがなければ、何かお酒とフルーツジュースを合わせて「なんちゃってレゲパン」。もう原型ないじゃん。いいね~、こういうノリ大好きです。

「レゲパン」とか、ウーロン&ピーチで「ウーピー」とも言うみたいだよ。

「レゲエパンチ」ってオーダーしても、通じないこともあるだろうね。特に西日本では。

……

冒頭に戻って、そんな話をカウンターでしていたら、ウーピーってあれですか、映画「ボディーガード」ですかって。

「ボディーガード」はホイットニー・ヒューストンだよ。

ウーピーは「ゴースト」だし、そっちじゃ歌ってないよ。

全然違うよ!

全然違うよ!