ロックンロールとジン・ライム

今日の一杯は「ジン・ライム」。

ロックグラスに氷とジン、ライムをしぼる、ただそれだけ。

それだけだけど、なんだかたまに飲みたい気分になる、ボクにとってはそんなカクテルです。

ginlime

なんだか思い入れがあるお酒、人それぞれあるよね。

ないならこれから、いくらでも作ればいいよ。

特に40代以上の方にとって、洋酒は高嶺の花だったこともありますね。今でこそ2~3千円で買えるスコッチ・ウイスキー、ジョニ黒も当時は一万円以上しました。そんなに気軽に飲める酒じゃなかったんです。

そうじゃない今だって、スッカンピンじゃあ良いもの食べたり飲んだりできないし。

矢沢永吉の話。まだ売れてない出たての頃に、チップでもらった泣けなしの千円握って、バーでジンライムを飲んで。美味しくて感激したらしくてさ。

いつかビッグになって、バーでそれこそ何杯でも、自分のカネでジンライムを飲める男になるんだって心に誓うんだよ。

とっても良い話なんだけど…

……

YAZAWAが言ってるジンライム、実はちょっと違うんです。

フレッシュライムが手に入らなかった昔々に、代わりにライムシロップを使ったもの。

どっちが美味しいかって?

そういう話は野暮だね。

え~、NASHにはライムシロップ、置いてません。

そのうち置こうかな。

そのうち。