甘くて苦い、ウイスキー・コーク

「骨が溶けるから飲んじゃダメ」って小さい頃に言われたけど。あれ結局ホントなのかな。

所詮ジュースだから子どもっぽいのに、大人にならなきゃ気軽に飲めなくて、たまに無性に飲みたくなります。コーラ。

チェリーコークなんか、見かけるとついつい買っちゃうなあ。

……

ショットバーは大概、小瓶のコーラを常備しています。
お酒飲めないけどバーが好きって方にも、コーラは良く出るけどね。
カクテルでも結構出番あるんだよ。

キューバ・リブレ」はラムのコーラ割り。
テキーラなら「メキシコーラ」。

スピリットでもリキュールでも、コーラで割ると、大体何かの名前が付いてます。アマレット・コーク、マリブ・コーク…こんな具合に。

もちろんコーラの個性が強いから、甘くて飲みやすいものが多いです。バーに慣れてない方にとっても、とっつきやすくていいかもね。

ちょっと変わり種だと、紅茶を使わないカクテル「ロングアイランドアイスティー」でもコーラの役割は重要です。

今日の一杯は「ウイスキー・コーク」。
ジャックダニエルをコーラで割って、「ジャック・コーク」です。

レモンやライムを入れたり入れなかったり、好き好きでね。

whiskycoke

ウイスキー・コークったら矢沢永吉。
最近のブログで、永ちゃんとジンライムの話をしたからさ。

……

うかうかしてたら、もう7月も下旬。
夏って本当短いね。

BAR NASH、来月のオフィシャル・ドリンクはアレで決まりです。
8月の風物詩だね。

フローズンカクテル…、モヒート…、違うんだな~!

またブログに書くけど、気になる方は去年の記事探してみてね。