色に酔いしれるカクテル・マンハッタン

マティーニがカクテルの王様なら、マンハッタンはカクテルの女王。
そんな風に呼ばれてます。

どちらも決して飲みやすいカクテルじゃありません。バー遊びやお酒に慣れていない方にとっては特にね。

でもね、初めて飲んで「これはちょっと…」って思う方でも、何度か試すたび、歳を重ねるたびに美味しいな、好きだなって感じるようになるものです。

レシピは、

  • ライ・ウイスキー
  • スイート・ベルモット
  • アンゴスチュラ・ビターズ

をステアして、マラスキーノ・チェリーを飾る。

ウイスキーはね、北米のを使います。ライ、バーボン、カナディアンあたり。どうしてって、ニューヨーク・マンハッタンの名前が付いたカクテルだからさ。テネシー州やカナダでも間違いじゃないんだけど。写真の後ろにぼやけて写ってるけど、ライ・ウイスキーのオーバーホルトは定番レシピ。

スコッチ・ウイスキーを使うと「ロブ・ロイ」という別の名前のカクテルになります。

manhattan

ボクはマンハッタンの色が大好き。

星の数ほどあるカクテルの中でも、群を抜いて魅力的な色だなって思うよ。

特別な一杯です。