ホット・モスコミュール、ご自宅でココロも体もぽかぽか

寒い!ここ数日、冷えますねえ・・・。
Twitterを眺めてると、体調を崩された方もいらっしゃる様子です。

『ホット・モスコミュール』、今日みたいな寒い日にぴったりな一杯です。

ホット・モスコミュール、ご自宅で作れます

  • ウォッカに、擦った生姜とフレッシュライムをツイスト。
  • そこに温めたジンジャーエールを注いで完成!
  • ここで使うジンジャーエールは、必ずウィルキンソン!

ね、簡単でしょう?

Bar NASHでは、自家製のジンジャーウォッカを使います。

個人的には、温めたジンジャーエールは、冷やしたものより甘味を強く感じるため、ライムを多めに入れて味をしめます。風邪気味で疲れた体にもピッタリ。

モスコミュール、本来は冷たいカクテルです

モスコミュール、スタンダードなカクテルです。数あるカクテルの中でも一般的な部類に入ります。モスコー・ミュールという表記もあります。英語では”Moscow Mule”。爽やかな口当たりですが、アルコールは意外と高く、「モスクワのラバ」に蹴っ飛ばされたくらい酔いが回るという名前の由来。ベースはウォッカです。作り方はいたってシンプル。

モスコミュールの一般的なレシピです。分量はお好みで!

  • ウォッカ 45ml
  • フレッシュライム、またはライム・ジュース 15ml
  • ジンジャーエール 適量
  • ライム8/1カット、またはスライス1枚

グラスに氷を入れ、ライムを搾ります。ライムはそのまま落してもOK。
ウォッカ、ジンジャーエールを注ぎ、静かにステアして出来上がり。
こだわる方は、銅のマグカップでどうぞ。

明日も寒そうですね。
温かいカクテルをもう一つ、『ホットワイン』についてふれようと思います。

2010年02月22日(月)
ホットワインについて記事を書きました