「アメール・ピコン」はカラメル風味

アメール・ピコン、またまたビター系、ハーブ系のリキュールです。
食前酒としても好まれています。

アメールは、フランス語で「苦い」という意味。

……

今、しょうもない親父ギャグが頭に浮かんだ人は、反省してください!笑

まあ、甘いんだけどね。カラメルみたいに、適度に苦甘~いです。味の傾向は、ガラナってジュース、わかるかな。コーラのようなドクターペッパーのような。

ソーダやジンジャーエール、ビールで割ってもよし。オレンジジュースなんか、柑橘系とも好相性。ピコン・カクテルっていろいろと出番が多いんです。そんなに珍しいお酒じゃないよ。カクテルを出す店なら、だいたい置いてあります。

濃い目のコーヒーが好きな方は、気に入ってもらえそう。

まずはロックで味見してごらん。
満足したら、ソーダ・アップしてもいいね。

19世紀にアルジェリアに派遣された、フランス軍人のピコンさん。現地で採れる薬草に注目して、退役してからもアフリカに残ってリキュール作り。オレンジの皮やゲンチアナ(リンドウの根っこ)、キナなんかを配合。

気になったら飲みにおいで!