陽気なラム酒”REDRUM”、逆から読むと…

レッドラーム!!
レッドラーム!!
レッドラーム!!

穏やかじゃないねえ。

ちょっと写真が暗くて見づらいけれど、真っ赤なボトル、シャレコウベのマーク、”REDRUM”の文字。

このボトル、背中が透けていてね、裏から読むと”MURDER”。人殺し。

映画が好きならピンと来る、キューブリックが監督した「シャイニング」のくだり、そのものです。

redrum

REDRUM(レッドラム)、その名の通りラムです。ほんのり赤みがかってます。

実は人殺しとは名ばかり、陽気なノリのお酒。

パパイヤ、マンゴー、ココナッツみたいなトロピカル・フルーツの香りが付いていてね、結構甘いよ。

物騒でもなんでもないね。なんなんだろうな、カリブの陽気でどうかしちゃったのかな。

オン・ザ・ロックでもソーダ・アップでも、何かで割るのもいいね。

……

それにしても怖いよなあ、このシーン。裂け目から覗くジャック・ニコルソンも怖いけど、襲われてる奥さんの顔のほうが怖い!

shining

キューブリックの映画、時計じかけのオレンジなんか、好きな人多いよね。
あの映画の主題は、バカにつける薬はない…で合ってる?
今でも色褪せない画期的な映画だとは思うけど、ボクは痛々しくって苦手デス。