かわいいボトルの極上テキーラ「チリ・カリエンテ」

ひさしぶりにボクの心を打ち抜いたテキーラです。その名も「チリ・カリエンテ」、日本語で唐辛子(そのまんま!)。

とぼけた名前にボトルのデザイン。これがもう、美味いんだよ!

前に紹介した「コンキスタドール」がキリッと都会のレディーなら、「チリ・カリエンテ」は素材感溢れる田舎育ちのお嬢さん…という印象。

コンキスタドール」の記事でも少し触れたけど、テキーラのおさらいです。

STEP.1 サボテンじゃなくて竜舌蘭

よくある間違い、テキーラの原材料はサボテンである。答えはNOです。正解は竜舌蘭(リュウゼツラン)、英語でAgave(アガベ、アガヴェ)といいます。見た目はこんなの。

STEP.2 テキーラ?メスカル?

この竜舌蘭(アガベ)から作られる酒の総称が「テキーラ」じゃなくて「メスカル」。メスカルの名前は、知らない方も多いんじゃないかな。メスカルの一部分がテキーラ。テキーラを名乗るには、条件があるんです。

  • 主原料の竜舌蘭は、百数十ある種類の内、定められた一部の種類に限られ、
  • さらに所定の地域で生育されたものだけを、
  • 原料のうち51%以上の割合で使用すること

さらに、

  • 製造(蒸留)する地域
  • 製造方法

の制限も。

アガベ100%のテキーラは多いけど、竜舌蘭の品種によって味や香りは違いを見せます。ブルーアガベは特に有名。日本酒だって、米によって味が違うよね。蒸留酒と醸造酒の違いはあるけど、同じような感覚です。

STEP.3 ブランコ、レポサド、アネホ

さらに、熟成期間によって3つに分類されます。(カッコ内)は日本語訳と熟成期間。

  • ブランコ(白い:製造してすぐ瓶詰め)
  • レポサド(寝かせた:2ヶ月~1年未満の樽熟成を経たもの)
  • アネホ(古い:1年以上熟成させたもの)

ブランコは樽の影響を受けてないから透明に近い、だから「白」。レポサドでうっすら、アネホになると熟成期間に比例して、琥珀色を帯びてきます。1年以上寝かせればアネホなので、値段はピンキリ。

NASHで飲めるのは、

  • チリ・カリエンテ ブランコ(緑色のボトル、キンキンに凍らせてます)
  • チリ・カリエンテ アネホ(赤色のボトル、常温でね)

形は唐辛子だけど、飲んだら辛いとか唐辛子が入ってるなんて事はないです。というより、実は「アハトロ」という有名なテキーラと中身が一緒。

テキーラはね、ボトルに趣向を凝らすことが多いんだよ。時には値段の半分がボトル代、なんて事も。このボトル沢山空けて飾りたいんだよ、協力者求む。

値段も魅力的。ブランコが一杯700円で、アネホが900円です。

もう一杯、飲んでく? :

  • Nothing...

カテゴリー : テキーラ
タグ :

初めましての方へ、「BAR NASH」はこんなバーです
25歳までの方へ、いつでも一杯ご馳走してます
「BAR NASH」はJR中野駅北口から徒歩5分