グレン・グラント 1996、イタリア人好みなシングルモルト

シングルモルト「グレン・グラント」です。

グレン・グラント蒸留所はスコットランドでも有数のウイスキー産地、スペイサイドに位置します。グレン・フィディック、グレン・リベット、マッカラン、ベンリアック、アベラワーとかね、聞いたことある方もいるんじゃないかな。

グレン・グラント、1840年から続く歴史あるウイスキーですが、どういうわけかイタリアで圧倒的な人気を誇ります。軽やかな飲み口の、熟成が若いオフィシャル物が特にね。

で、今日の一本はこちら。

ゴードン&マクファイル 蒸留所ラベル グレン・グラント 1996

glengrant

以前のブログでも、シングルモルト・ウイスキーの流通には

  • 蒸留所オフィシャル(自分で蒸溜して、自分で販売)
  • ボトラーズ(蒸留所を持たずに、ウイスキー原酒を他所から仕入れて売りだす)

があるよって話題をしましたが、写真のグレン・グラントは後者、ボトラーズ業者の中でも元祖老舗、鹿のマークのゴードン&マクファイルによるものです。

ラベル見ても気付かないよね。無理ないよ。わざとオフィシャルそっくりに仕立てている…のではなくて、元々のデザインがゴードン&マクファイルによるものなんです。

穏やかな花、フルーツの香りが心地いい、飲み飽きない一本です。普段ウイスキーを飲まない女の子にもオススメしたいね。