バーボン界で馬を馳せるオッサン「エルマー・T・リー」

このバーボン、ボトルの背面に昔風の顔が浮かんでます。

こちらのオッサン、なかなかに有名な人物です。名前を「エルマー・T・リー」。

先にお酒の紹介から済ませようか。

Elmar.T.Lee Sigle Barrel
エルマー・T・リー シングルバレル

elmer_t_lee

初心者も良く飲む方も満足できる、飲み手を選ばないバーボンです。価格も手頃だしね。

アルコールは45度(90プルーフ)。

シングルバレルっていうのは、単一の樽からバーボン原酒を瓶詰め(ボトリング)してるよって意味です。

通常は、同じバーボン原酒でも複数の樽でブレンドして、味(品質)を均一化します。同じ材質の樽、同じ原酒でも、熟成貯蔵庫の場所や気候条件なんかで、お酒の質が変わるんです。大量生産するブランドが、ボトル毎に味が違っちゃ困るからさ。

……

「ブラントン」ってお酒、知ってるかな。一際目立つこんなボトル、見たことあるでしょ。
» バーボン・ブラントン、勝者のボトルは縁起モノ

blanton

高級と言っていい部類のバーボンです。日本では宝酒造が輸入元だから、扱ってる酒屋は多いね。馬のキャップが有名で、ボトルを空けてはとっておくファンも。

どうして馬なのかというと、バーボンの産地のケンタッキー州で競馬が盛んだから。

「エルマー・T・リー」さんが、師匠の「アルバート・ブラントン」の名前で世に出したのが、バーボン「ブラントン」なんです。

「ブラントン」のファンは多いけど、ここまでご存知の方は少ないかも。