気持ち”E”バーボン、メーカーズマーク

今日のブログは、バーボン・メーカーズマーク。

洋酒はそんなに詳しくないって方も、ボトルを見かけたことくらいはあるんじゃないかな。そこらの酒屋さんでも買えるし、バーには大体置いてある、日本では気軽に買える部類のバーボンです。

メーカーズマークのわかりやすい特徴は、なんといっても赤い封蝋のキャップだね。洋画なんか観てるとさ、手紙を封筒に収めて封をするのに使う封蝋。一生懸命造ったバーボンだから、美味しく飲んでねって意味です。

makersmark

これ、今でも手作業だそうです。国内でメーカーズマークのイベントやセミナーで、やらせてもらえる機会があったり。綺麗に仕上げるのは結構難しいって話。

お酒自体も、手作業の工程を出来るだけ多く残してます。手作業だから美味いのかっていうと話は別だけど、こだわって造っているお酒が手頃な値段で買えるのは良いことです。

……

メーカーズマークはバーボンなんだけど、多くのバーボンと違うところが二つあります。

一つは、材料の違い。主原料はトウモロコシ、これはバーボンの基本です。他にライ麦、大麦、小麦あたりの麦芽。メーカーズマークはライ麦を使わないことが特徴。一般的なバーボンと比べると、飽きの来ない飲みやすさがあります。

もう一つ、バーボン・ウイスキーのスペルは「Bourbon Whiskey」。”Whisky”じゃなくて”Whiskey”。”e”が付く。アイリッシュ・ウイスキーの表記は”e”付き、”Whiskey”で表記するのが習慣。例えばタラモア・デューブッシュミルズあたりね。バーボン・ウイスキーの”e”も、アイルランド系移民の影響。

メーカーズマーク一族はスコティッシュ系だから”e”が付かないというわけです。

わかりにくいけど、知らなくっても大丈夫。