バーボンの門、ワイルドターキー・スパイスド

ワイルドターキー、バーボンを代表するような銘柄ですね。

「バーボンらしいバーボンを」なんて注文には、ワイルドターキーの8年が頭に浮かびます。

ただね、手頃に手に入るメジャーなお酒だからといって、飲み慣れていない方に合うかどうかは、また別の話だね。

ワイルドターキーを飲んでバーボンが好きになるか、逆にやられちゃうか…、リトマス試験紙みたいな扱いをするのは、ちょっと酷かもしれません。

8年モノはね、アルコールも強ければ(50.5度)、味わいも力強いです。あえてそういうスタイルで造られています。

ハードリカーに慣れていない方にとっては、わかりやすい反面、あんまり優しくないお酒かもしれません。逆に、もし一発で好きになるのなら、素質は立派。体に気を付けて酒飲み街道を邁進してクダサイ。

最初に試したお酒でそのジャンルの印象が決まってしまうのは、いい方に転べば何も問題ないんだけれど、悪い方に転んじゃうとね。

NASHの店主はバーボン好きですが、当店でもバーボンが苦手という方、結構いらっしゃいます。

バーボンを含め、アメリカン・ウイスキーの特徴、焦がした樽やコーンの強い香りは、好みがわかれがちですね。

ただ、絶対無理と言う方もいれば、穏やかでスムースなバーボンから徐々に慣れていって気づけばバーボン好きになっている方も少なくないです。

わざわざ商社が輸入するでもない激安コーン・ウイスキーを仕入れてきて「うまいなあ、悪酔いしそうだけど!」なんて言っているボクは、やり過ぎな気もするけどさ。笑

前置きが長くなりましたが、今日のお酒です。

ワイルドターキー・スパイスド
Wild Turkey Spiced

wt
正確に言うと、バーボンじゃありません。
バーボンに色々なスパイスで風味付けしたお酒です。

バニラやシナモン、クローブの香りで口当たりをよくしつつ、アルコールはしっかり43度。ロックでも割りモノでも、色々遊べそうなお酒ですね。

こういうアレンジは、ラムの世界ではよくある話です。有名どころでは、当店にも置いてるキャプテンモルガン。

ハードリカーによく思われがちな重たいイメージを払拭して、気楽に飲めるって意味では、とてもアリだと思います。

お酒の世界だってなんだって、世代交代が進んでいくのに若い子たちの興味も惹かなくちゃならないからさ、そういう事情があっての商品だとは思うよ。

これからきっと広がっていくフレイバード・ウイスキーの世界。
試しに一杯、お待ちしてマス!