老舗復活、ワッセンズ シングルバレル・バーボン

明日、4月5日(日)は定休日となります。
ヨロシクお願いします。
» お花見しようよ、2015年4月の営業予定

バーボンのボトルを眺めているとさ、

  • ○年 ストレート・バーボン
  • ○年 スモールバッチ・バーボン
  • ○年 シングルバレル・バーボン

なんて書かれているのに気づくかもね。上から、○年以上の熟成を経たバーボン原酒を、

  • 複数の樽からブレンド
  • 少数生産で、10樽以下の樽からブレンド
  • ブレンドせずに

瓶詰めしたものってな具合です。
この手の分類は呼称こそ違えど、色々なお酒でも用いられています。

勘違いされやすいから一応触れておくけど、生産量と価格、酒質の個性は全く関係がありません。それぞれに良さがあって、実直に丁寧に造られているお酒であれば、ボクらは十分に楽しまえてもらえます。

前置きが長くなったけど、今日のお酒です。

ワッセンズ シングルバレル・バーボン
Wathen’s Single barrel bourbon

wathens

ほとんど家庭内工業のような感覚で造られているお酒です。90年台に同族で蒸留所を買い戻してブランドが復活した、なんて経緯があります。94プルーフ(47度)はここの伝統。

この手のバーボンとしては価格は手頃。ラベルもボトルデザインも無骨で、適度な複雑さと飽きの来ないスムースな飲み心地。家に持って帰って常飲したいようなお酒です。

飲んだ瞬間、うぉっと唸るようなお酒もいいけどさ、こういう長く付き合えるお酒もいいんだよ。

わかるかなあ!?