ラスティ・ネイル、ラフロイグを使ってみませんか?

BAR NASHのブログに頻繁に登場するモルトの一つ「ラフロイグ」。
オフィシャルのラフロイグ10年は、ボクの大好きなお酒のひとつ。

ラフロイグとの出会いは、ボクが初めて訪れたバー「中野フランクストン」でした。お酒の魅力にすっかりはまってしまい、バイト代を握りしめて、たった一杯の酒を求めて「フランクストン」に足繁く通っていた頃。フランクストンのオーナー橋本さんに教わった、初めて飲んだシングルモルト。

ラフロイグと初めて出会った頃のエピソード

当時の「ラフロイグ」、アルコール度数は43度。現在流通しているボトルは40度で、今よりも味わいが濃かったように記憶しています。もちろん、現行のボトルも十分に美味しいよ。

ラフロイグ、柑橘系に良く合うね

シングルモルト・ウイスキーの中でも、ラフロイグの持つ個性は別格。薬品やら消毒液やら海藻やら、正露丸に例えられる味わい。好き嫌いがはっきりと分かれるね。

そのままストレートで飲むのもいいし、割りものにするなら例えば…。

ラフロイグ・トニック」。

ラフロイグをベースにするカクテル「ラスティ・ネイル」。オレンジを軽くピールしてね。ラフロイグは柑橘類を使った甘みに良く合うんです。

ラスティネイルのベースはタリスカーが正統

ラスティネイルのレシピは、

  • ウイスキー
  • ドランブイ

これだけ。割合もお好みで。

ウイスキーにタリスカーがよく選ばれる理由は、ドランブイがウイスキーベースのリキュールで、タリスカー蒸留所があるスカイ島が発祥だからって経緯です。