挑戦状です、白ワイン「コナンドラム 2008」

白ワインです。芳醇です。ものすごい香り。

コナンドラム”Conundrum”は謎、難問という意味の英単語ですが…名探偵コナンは関係ないよ。

いやぁ、飲んでみたかったんですよ。お先にいただきました!笑
グラスで1100円。数に限りがあります。売り切れ次第終了。
気になった方はお早めにm(__)m

もう少し詳しく話そうか、コナンドラム。

どこが「謎」なの、コナンドラム?

ちょっと詳しい話をすると、カリフォルニアワインのケイマスヴィンヤーズ(正確には2001年から体制が変わり、独立資本)がリリースするワインです。

ワインに使われるブドウ品種は1000以上、本一冊じゃ書き切れないほどの種類があります。同じ品種を使ったワインでも、全く同じ味わいにはなりません。テロワール(気候、土壌、地形など)や作り手、ヴィンテージによって複雑に変化する。このあたりがワインの面白さ、奥深さでもあります。

数種類のブドウ品種をブレンドする事は、ワインの世界ではごく当たり前だけど、そうかと言って自由に色々な品種を組み合わせて画期的なワインが産まれるかというと、そんな単純な話じゃないんだよ。「コナンドラム」はそんな挑戦的、現代的なワインです。

「コナンドラム 2008」に使われている品種は、

  • シャルドネ
  • ソーヴィニヨン・ブラン
  • ヴィオニエ
  • セミヨン
  • マスカット・カネリ

何と5種類も。

このブログを読んじゃった方には、先に種明かししちゃいましたが…実際に飲んでみて「この香りは…、この口当たりは…」と色々感じ取ってみてください。生産者からの「ナゾナゾ」です!